ブログ

社長の気まぐれブログBlog

日々の出来事を綴ります。随時更新中!

築36年の住宅リフォーム

  • 2016年09月11日(日)
  • カテゴリ:日常

この住宅は弊社が36年前に新築した住宅です、先日リフォームの依頼を頂き現地調査に伺いました
新築以来ほとんど手を入れてなく数年前に浴室のタイル目地を直したくらいでしたので、どんな状態か不安でしたが
外装は塗装の劣化は当然あるものの雨漏りや外壁のクラック等の問題もなく健全な状態でした、内装は仕上げ材は当然かなり傷んでいましたが構造的な劣化は見られませんでした、
床下も写真の様に新築時と殆ど変わらない状態でした

大切に住んで頂けた事に感謝致します、また在来工法、無垢材の耐久性も実感しました
集成材を使用した場合はどうなのか、2×4工法やプレハブはどうなのか分かりませんが、実際に日本で千四百年以上の実績が有るのは木造在来軸組構造だけではないでしょうか。
弊社は今でも在来軸組工法で構造材は無垢材に拘っていますが、これからも拘り続けたいと思います。

リフォームの内容はこれから打合せですが、耐震補強も行いこの先も長く快適に住んで頂ける様に全力を尽くします。
また弊社にご依頼頂けた事に感謝いたします。

ペットの衣服について思うこと

  • 2016年09月06日(火)
  • カテゴリ:犬の事
先日うちの末娘(猫)に服を着せました。

理由は抜毛防止です、最初数分は違和感があるようでしたが 直ぐに慣れて普段と変わらず走り回ってます(^_^)
ペットの衣服については賛否両論あると思います、人間のエゴ 動物虐待 等と思う人も居るかもしれません
しかし、その理由は様々で、一概に良いか悪いかは言えないと思います
では何故衣服を着せるのか
・可愛いから
・抜毛防止
・寒さ暑さからペットを守る
・ケガや病気の治療箇所を守る
・汚れ防止
等が主な理由だと思います、
犬は基本寒さには強い動物です、しかしヘアレス種やシングルコートの犬種等は決して寒さには強くありません
夏場も直射日光も遮り風通しが良ければ服を着ていた方が過ごしやすい場合もあります、
うちのジュニアはおじいちゃんになってきて背中の地肌が出ちゃうほど禿げて来ちゃいました
なので夏も冬も服を着ています。

リンとレンは抜毛防止の為に一度だけ服を着せた事がありますが、毛量の多さにとても変な犬になって大笑い、本犬もキツそうだったのでそれっきり着せてません、

それぞれの家庭、それぞれのワンコの都合で衣服を着せてください
くれぐれもただ可愛いからと言う理由だけで、嫌がる子に衣服を着せるのはやめてあげて欲しいですね


疑問点ございましたらお気軽にご相談ください!

住まいから犬のしつけまで。相談料無料!

PageTop