ブログ

社長の気まぐれブログBlog

日々の出来事を綴ります。随時更新中!

木組み「水組」

  • 2017年05月10日(水)
  • カテゴリ:日常
久しぶりの更新になってしまいました(^_^;)
PCモニターを少し高い位置に配置しようと思い、端材でモニター台を作りました。

天板と足の仕口は水組と言う木組みの工法です

「水組」「捻り組」「柳ほぞ」などの名前で呼ばれますが、一度組んでしまうと簡単には外れない組み方です
何故「水組」と呼ばれるか下の画像の角度から見ると分かると思いますが「水」の字が見えませんか?

加工に非常に技術と時間が必要で現代ではあまり使わなくなった工法ですが、木工ボンドなど無く金物も高価だった頃の先人たちが考えた技法です、今でも高級家具や神社の賽銭箱などには使われています、
「水」と言う字から火災除けの意味で火鉢などにも使われてきました、
最近は「早く」「安く」「簡単に」が重視される建築業界ですが日本古来の技術を絶やさず後世に伝えていく事も職人の仕事だと思います。
その一環として、私も職業訓練校の指導員として若い職人達に指導をしていますが、教えながら自らも再確認をする日々です、
今年はその職業訓練校の教え子が「技能五輪」の愛知県大会で優秀な成績を納め11月に栃木県で開かれる全国大会に愛知県代表として出場する事になりました。
未だ課題が発表されていませんが、かなり難しい課題で私達指導員でも簡単に出来るものではないと思います。課題が決まれば私達指導員も一緒に勉強して選手をバックアップして行くつもりです。
その過程はまたここで報告していきます。

疑問点ございましたらお気軽にご相談ください!

住まいから犬のしつけまで。相談料無料!

PageTop