ブログ

社長の気まぐれブログBlog

日々の出来事を綴ります。随時更新中!

またまた久しぶりの更新になってしまいました。(>_<)

  • 2018年08月27日(月)
  • カテゴリ:日常
前回載せたS様邸は6月の酷暑の中無事に上棟も終わりました

この物件はWB工法と超制振工法の両方を採用しています
超制振工法とは下の写真の制振テープを家全体の耐力面材と躯体の間に貼り
地震の揺れを家全体で吸収してしまう工法です

地震の揺れを半減させるのはもちろん余震などの度重なる地震がきても
耐震・免震性能は持続します。
詳しくは「制振テープ工法」で検索してみてください、
このHP内でも説明してあります。

WB工法は断熱材と内壁の間を空気が移動しますので
断熱材は薄くても十分性能を維持できる物をしようします。

中央付近に見える黒い箱は床下から壁内・天井裏を通ってきた空気が屋根の棟から
外へ出て行く開口部です。
今のように暑い時期は開放して冬の寒い時期は閉じ暖気を逃しません
外気温度を感知して自動で開閉する部材を基礎・床下・屋根とに設置します
これらは電気も使わず形状記憶合金の力で作動するんです。

サッシ・断熱材・通気部材の施工も終わりました、この状態でも
今年の猛暑が続いた日でも建物内に一歩踏み入れると少しヒヤッとする
感覚が分かります。
本当は今の暑い時期に完成引渡しができるとWB工法の良さもより体感して
頂けるのですが・・・
また順次更新していきますので是非覗いて見てください。

疑問点ございましたらお気軽にご相談ください!

住まいから犬のしつけまで。相談料無料!

PageTop